FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みどり部屋」のこと。

2009.12.13.Sun.22:46
ユートが入院していた病院の小児病棟は6床の大部屋と個室が何部屋かあります。

ユートのように緊急入院となった場合はまず個室に入院し数日過ごした後、
状態を見て大部屋へ移動となるようです。

個室は周りの人に気兼ねすることなく過ごせる半面、子も親も仲間がいなくて寂しい。
子供に元気がない時は個室でよかったと思うけれど、遊ぶ元気が出てくると大変。
個室にいる間はたいてい、子供たちは部屋から出ることを禁止されていることが多いので
一日中、部屋の中で遊ぶしかありません。
もちろん、ゲーム機はもって行ってたけれど、親としてはそればっかりさせておくわけにはねえ(´_ゝ`)
一日を過ごすのに本当にいろんなことをしました。
それについてはまた別の機会に。

そんなことで、はれて個室から大部屋に移動できるとなった時はとてもうれしかったです(*´∀`*)
大部屋に行けるってことはそれだけ状態が良いってことでもあるので。

大部屋はだいたい同じくらいの年齢の子どもたちがいっしょに過ごせるように部屋割りがされていました。
そして、各部屋には区別しやすいようにかそれぞれ色が割り当てられていました。

ユートが大部屋に移ることになった時、保育園幼稚園くらいの子供たちが入る部屋がいっぱいで
小学校低学年の子たちの部屋に入ることになりました。
色は緑色。
「みどり部屋」と呼ばれています。

看護師長さんは「ユートくんの年齢だとこの部屋じゃないんだけど・・」と気にしてくださっていたけれど
家でケータやケータの友達と遊びなれているユートは
年上のお兄ちゃんちゃんにかわいがってもらい、よくいっしょに遊びました。
っつか、むしろ「この部屋からかわりたくないです。」って言ってたかな。
結局、ユートは個室を出てから退院までずっとこの「みどり部屋」で過ごしました。

入院してくる子は1週間程度で退院して行く子から数ヶ月入院する子までいろいろ。
「みどり部屋」のメンバーもコロコロかわったけれど
ユートといっしょにこの「みどり部屋」で3ヶ月以上過ごしたのがヨウちゃんとソウちゃんです。

ヨウちゃんもソウちゃんも見た目は元気そうでも、重い病を抱える小学2年生の男の子です。
だけど3人は、空いているベッドがあればそこに集まって、工作やらブロックやらなんやかや。
誰かのベッドに集まってはゲームをしたり、DVDを観たり。
アニメのセリフをみんなで言ったり、歌をうたったり。
時には先生や看護師さんにいたずらをしかけたり。
他の部屋では、ベッドを仕切るカーテンはたいてい閉められていることが多かったのに
「みどり部屋」ではいつもカーテン全開。
短期で入院してくる子たちには迷惑だったかも知れないのですが
その子たちも巻き込んで、いつもとても明るくてにぎやかな部屋でした。

ある日、看護師さんが教えてくれました。
「この部屋のことなんて呼ばれてるか知ってる?『元気部屋』やで^^」って。
どうやら、先生や看護師さんたちの間でそう呼ばれていたようです。

病院やのに「元気部屋」って(´∀`)
でも、本当にユートも私もこの「みどり部屋」でいつも元気をもらっていました。





スポンサーサイト
コメント
こんにちは
おひさしぶり~^^
記事読んで驚いて。。。
無事退院したのねぇv-218よかった~。
「みどり部屋」で元気をもらって元気になって、ほんとよかった~。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。